CALENDAR
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
TAGS
ARCHIVES
OTHERS
ADMIN
Search this site.
normal | list
a hat
I bought a hat that was a little too loose to me.

100704.gif

| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
仕事とつぶやき
人づてに聞いたのですが、今日はタコを食べる日らしいですね?
土用の丑の日、みたいなやつでしょうか?
初めて聞きました。
100702.gif

・先日下記サイト内の動画の手伝いをしました。
ホントにちょこっとパーツのお仕事でしたので小声でつぶやきます。
http://www.honda.co.jp/greenmachine/ima/

・つぶやくと言えば、twitterでつぶやいてもいます。
でも本当に、このブログよりさらにしょうもないことです。
あとはretweetといって他の方が書き込んだ面白いつぶやきを「〜だってよ!」と転送したりしてます。
https://twitter.com/asitanonki
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
安曇野スタイルin渋谷ハンズ
ガラス作家の浅妻克枝氏をちょっとご紹介させて頂きます。
中学からの腐縁で、大事な友人です。たとえ似てない似顔絵を載せても許してくれるでしょう。
100622-2.gif
多摩美ガラス科出身。卒業してすぐ安曇野に拠点を移し、今に至ります。
2007年には安曇野の3人展にて初めて一緒に作品を出させてもらいました。

安曇野には沢山の手工芸の工房があります。
そこで働く工芸家たちが連携し、2005年に「安曇野スタイル」という観光イベントを発足しました。
毎年秋にはアトリエ公開、ワークショップ、ライブなど各所でとてもにぎやかです。
浅妻氏ももちろん参加しております!
それが今週末〜来週、東急ハンズ渋谷店に出張し、活動の様子や作品が紹介されるとのことです。
お近くにいらして、お時間がありましたらぜひ立ち寄ってみてください。
100622-1.gif

詳細は↓
・東急ハンズ 記事
http://shibuya.tokyu-hands.co.jp/item/1a/post-54.html

・安曇野スタイル 公式サイト
http://www.azumino-style.com/
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
日本アニメーション協会
「日本アニメーション協会 (JAA)」という団体があります。
jaa.gif
往年の大御所作家や、Animationsの旧体制時代の作家仲間、友人作家のやたみほさんこぐまあつこさんヨシムラエリさんなど、沢山の作家が所属していまして、私もひっそり入会して約5年、だったかな?になります。
昨年、横浜で「into animation5」という上映イベントを行いました。
先日、年に1度の総会が都内でありました。
ここで、前年度の収支報告や活動報告、予算や新しい取り決めを行い、その後親睦会を行う、というのが通例です。
20歳代の若い会員も増え、全体に新しい空気を取り込もういう雰囲気が今年は特に満ちていました。特に今年は会長が川本喜八郎さんさんから古川タクさんにバトンタッチされたというのはビッグな変更点です。

100621.gif

頭の弱いコンプレックスがついはみ出してしまい、どうしても遠慮がちになってしまうのですが、私も協会を、ひいてはアニメーション環境を盛り上げるお手伝いを少しでもできるようにがんばろうと思います。

よろしかったら、たまにホームページを覗いて、どんな活動をしているか見てやってください。

・日本アニメーション協会 (http://www.jaa.gr.jp/
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
先月のお仕事
ほんの小さい部分的なお手伝いだったのですが、この間、とある保険会社のかわいいキャラクター達の動きのガイドを作りました。

100619.gif

めったにTVを見ないのですが、ここのところつけるといつもこのCMを目にします。
デジタルの行程が多様になり、アニメーションの作り方も、制作会社や作者の数だけあるのだな、と感じます。
今回は私が手描きでポーズのガイドをつくり、それを元に別の作者がデジタルデータを作り上げるという行程(大まかですが)だったのですが、実際の上がりを見ると自分のイメージしていた感じと違っていたので、デジタルの行程で私の想像に及ばない色々な味付けがなされたんだと想像します。

自分で仕上げまで作る時、ついつい作り易い行程で手がけてしまいがちですが、もっと面白かったり、欲しい感じを作れる新しいやり方を模索しなくちゃ、と反省させられます。
| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37